仕事復帰しました ~時短仕事による変化~


こんにちは!

9ヶ月の娘をもつ新米ママ島田が仕事復帰について語るブログです。


前回1日のスケジュールについて書きましたが、

復帰後一番難しいと感じているのが「時間に制約がある仕事」のやり方です。


全社のバックグランドを担う私の業務ですが、小さい会社なので仕事はここまでなどという境界線はありません。

その分自分がやりたいと思ったことを実現できる、そんな面白さがあります。


私の業務はやらなければいけない仕事と、やりたいからやる仕事、そんな風に分けています。

もちろん私のモチベーションは「やりたいからやる仕事」にあるわけで、

復帰前はここの時間を思う存分とっていました。

また、とりあえず何でもやってみたい性格なので、社内の様々なことにまずは手をあげて首をつっこんでいました。


しかし、時短になると「こなすべき仕事」であっという間にお迎えの時間になり、

「もうちょっと時間使って考えたいなー」なんてことができなくなりました。

逆にこの仕事はやりたいけど、優先度低いし他のことやったほうがいいかなと考えることも多くなりました。


そんな風に毎日をこなしているといつものタスク仕事もどんどんつまらなくなり、

「私じゃなくても誰でもできる仕事だな」なんて、自分の価値を見失いそうになったりします。

また在宅で出社できるオフィスがないので他の社員との関係性が、時短によりもっと薄くなっていることも原因です。


転職して出社するオフィスがあれば解決する?

内勤じゃなくて営業の仕事で外部の人と関わったほうが楽しい?

そもそも育児に専念したほうがいい??

・・・なんてモヤモヤする1ヶ月でした。



でもまだワーキングママ1ヶ月。

今はフルに復帰前と同じく楽しく仕事やろう!と思ってもどうしても無理がある気がしています。

毎日子どもも大きくなっていくように、自分の気持ちも生活も変化しています。


大切なのはつまらない仕事と思わずに毎度工夫を忘れず創造性をもって考えてやること、

おごらずにやることだなーとこのブログを書きながら思っています。

そのうち気持ちもあがるよと前向きにならなきゃ、です。


また、気持ちの変化があったらブログで書きますね。


次回は「復帰後の家事と育児の両立」について書きます!

こちらも育休中と復帰後では大きな気持ちの変化がありました。

世の中のママさんたちを心から尊敬しています・・・。


※日曜もやっている地域の支援センターにいつもお世話になってます。

0コメント

  • 1000 / 1000