断乳のこと

先月「断乳」をしました。


息子も1歳6ヶ月。

寝る前と夜間授乳が続いていたのですが、


・夜間授乳が4~5回に増え、体力・気力ともに限界を感じたこと

(現在は1~2回ですが、数ヶ月前に4~5回になった期間がありました)


・病気になったときに、気軽に薬が飲めないこと


・時短勤務からフルタイムに戻す予定があること


を理由に「断乳」させようと決めました。



今回は断乳方法と断乳後のトラブルについて、

私が体験したことをご紹介したいと思います


まずは『断乳方法』


とってもシンプルで

1ヶ月間、毎日子どもと一緒にカレンダーを見ながら、断乳日を確認していく。

という方法です。


実際には、

私「あと●日寝たら、ぱいぱいをバイバイする日だよ、分かるかな?」

子ども「うん」

こんな会話を1ヶ月間した。というだけです。


その結果・・・


【断乳翌日】

子どもが高熱を出し、その影響でおっぱいを飲まずに寝る。

夜中は何度か目を覚ましたものの、

経口補水液を飲んで満足して寝る。


【2日目】

私が体調を崩し、子どもが泣いても対応できず。

子ども、おっぱいを諦めて寝る。

夜中、目を覚まし、おっぱいを求めたものの

「おっぱいバイバイしたよ」というと、諦めて寝る。


【3日目以降】

眠くなったら、自分から「ねんね」といい、一緒に寝室に行くと、一人で勝手に寝る。

夜中、目を覚ましても、すぐに寝る。(5日目からは夜中もほとんど起きなくなる)



今まで、寝かしつけ=おっぱいだったので、とても不安だったのですが

予想外のトラブルを乗り越え(そのおかげかもしれませんが)、無事「断乳」することが出来ました。


そして私が体験した『断乳後のトラブル』

それが”母親の体調不良”です。


私の場合ですが、断乳後2日目に

頭痛・寒気・吐き気(実際にも吐く)があり、それが半日続きました。


断乳後、子どものことは心配していても

自分自身の体調不良、ましてやおっぱい以外のトラブルが発生するなんて

全く予想していなかったので、本当にビックリしました。


当日は風邪の影響かな~と思っていたのですが、

後日、ネットで検索してみると同じような症状の方がたくさん!!


ホルモンバランスの影響とも言われているようですが、

今まで毎日あげていたものを突然止めるんですから、自分の体にもなにかしら影響がでるよな~と思います。


今後、断乳を計画されている方は、こんなことも起こり得ると頭に入れた上で

子どもとお母さんの体調も考えた余裕のあるスケジュールを組むことをオススメします!!


実際、断乳をして数週間経ちますが、

子どもはおっぱいを飲むのをあっさり忘れた(諦めた?)ようです。お風呂や着替えのときにおっぱいを見て、うれしそうに近づくことはあっても、さわるだけで、飲もうとはしなくなりました。


今は私のほうが「もうおっぱいを飲む姿は見れないんだな~」と寂しくなり、断乳前に撮っておいた子どもがおっぱいを飲む姿を見て気持ちを落ち着かせています(笑)


春から仕事復帰されるにあたり、断乳・断乳を検討されている方も多いと思います。

少しでも参考にしていただければうれしいです。

0コメント

  • 1000 / 1000